とにかく記録する

日記をつけましょう

何時に出勤・退勤したのか、
仕事中どんなやりとりがあったのか、そしてその時どう感じたのか
しっかり記録しておきましょう。
後々、これが証拠として大活躍してくれる可能性があります。
サービス残業・未払い賃金の精算の部分でも大事になります。


メールを送りましょう

都合が悪くなると、コミュニケーションを避けるのが人の常です。
実は、ほとんどの人が退職が決まっても、
上司が動いていないようだと感じていると同時に、
相談いただく内容の中心もこの点についてがほとんどです。
具体的には、
退職までの進捗、引継ぎ作業について、有給休暇の消化についてなど
どうなっているのかわからない・・・。
と言ったことになります。

こちらもしつこく確認できるような状況でないこともあります、
期日をきって、メールで確認しましょう。
送受信の履歴が残るため、適当な言い訳で逃げられることがなくなります!


できる限り、録音・録画しましょう

話し合いをする時はメモを取る方がほとんどだと思います。
しかし、今やスマートフォンにもボイスレコーダーやカメラがついていますので、
できればボイスレコーダーやカメラで状況を記録しておきましょう!

その時、
断ってから記録するか?黙って記録するか?
と質問を受けることがあります。

答えは、どちらでも大丈夫です!状況に合わせて選びましょう!

あくまでも私の経験やご相談者様の経験で言えば、
自分が卑怯な人間ほど、黙って録音などすると、「盗聴か!」などと騒ぎます。

そもそも黙ってでも記録したいと思っているということは、
何か証拠を掴もうとして状況が多いかと思います。
そんなときに、「記録してもいいですか?」と正直に言ってしまっては台無しです。

法的には記録が罪に問われることは少ないと思いますので、
結果的に使うことがなかったとしても、録音しておく方が無難といえます。

退職日を指定しましょう
ハラスメントに備えましょう





サイトマップ

実行編

1. とにかく記録する
 ├日記をつけましょう
 ├メールを送りましょう
 └できる限り、録音・録画しましょう

2. 脅迫はアウト!専門家を頼る

3. 退職までの期間の設定

4. 退職日を決める

5. 退職届について
 書き方
 理由
 受け取ってくれない!?

6. 引き継ぎ・引き留め

7. サービス残業・未払い賃金の精算
 └PCの履歴を取る

8. とことんまでやらない






このページの先頭へ